この狂った世界を人々が望む世界へ

2021年8月31日 ビル・ゲイツの軍事法廷、 第二日目


2021年8月31日 ビル・ゲイツの軍事法廷、 第二日目

 

※Real Raw Newsさんの記事をDeeple翻訳ソフトにて翻訳した記事です。翻訳間違い等あればご指摘いただけるとありがたいです。

※画像はReal Raw Newsさんより引用

 

ビル・ゲイツの軍事法廷の2日目が始まったとき、彼の弁護士である不名誉なデビッド・バルアルテは、明らかに虚偽の罪状で依頼人を「蒸し返した」と法務官軍団を非難したことで、敵意が新たな高みに達しました。

バルアルテは、ゲイツが男女の未成年者とセックスをしたという法廷の主張に異議を唱え、ゲイツ氏が1999年からインポテンツであるため、そのような主張は不可能であると主張しました。

 

「仮にそれが真実であり、そうでないことを証明できたとしても、」

ジョン・G・ハンニンク副提督は反論しました。

「子供を売買していたという、元妻の証言を含む反論の余地のない証拠がある。」

 

ハニンク副提督は、バルアルテとゲイツが、ゲイツがGITMOに収容されている間にCovid-19に感染したと主張して法廷の時間を無駄にしていると諭しました。

Covid-19のPCR検査と抗体検査により、ゲイツがウイルスの犠牲になっていないことは証明されました。

また、ゲイツはCovid-19の予防接種を受けていないと主張しましたが、これも血清検査で正しいことが証明されました。

 

しかし、この日の裁判は、ゲイツ氏とワクチン産業との関係に焦点を当てるものではなかったのです。

それどころか、軍事委員会事務局は、児童売買の罪を引き続き追及しました。

 

ゲイツがおとなしく座っている間、ハニンク副提督は検察側の最初の証人として、スティーブン・シャープと名乗る男を紹介しました。

シャープと名乗ったこの実在するレイ・ドノバンは、ゲイツ氏のインポテンツの主張に反論したのです。

ZOOMを使ったビデオに登場した彼は、ゲイツが勃起不全治療薬を服用したり、ED対策のためにアドレノクロムを注入したりするのを見たことがあると法廷で語りました

「あなたは個人的にこれを見たのですか?」ハニンク副提督がシャープに尋ねました。

 

「何度か見ました。

ビルは自分でこのようなものを取りに行くことはなかったので、言葉は悪いですが、私の責任の一つは彼のためにそれを取りに行くことでした。

2回は私が点滴の準備をしました。

そして、これだけは言える。事前にインポだったとしても、その後はインポではありませんでした。

ワイオミングの牧場の地下牢で、ビルが未成年の少年少女とセックスしていたのは絶対的な事実です」とシャープは言ったのです。

 

手首に手錠をかけられたゲイツは、席から飛び出して「この男を見たのは生まれて初めてだ!」と叫びました。

「これは正義の誤判だ!」と叫びました。

 

「バルアルテさん、あなたのクライアントをコントロールしてください。」ハニンク副提督は言いました。

 

その後スティーブン・シャープは、ワイオミング州の牧場でビル・ゲイツとくつろいでいる写真を数枚、法廷に提出しました。

そのうちの1枚は、ゲイツが担架に横たわり、頭上に迫るシャープがゲイツの左腕に点滴を打っている写真だったのです。

シャープは、ゲイツがアドレノクロムの点滴を受けている写真だと主張しました。

 

さらにシャープは、ゲイツが未成年の女性と思われる人物に囲まれている画像を提示しました。

「彼女らは皆、薬漬けで、自分がどこにいるのか、何をしているのか分からなかった。」シャープは言いました。

 

「そして、私は彼のために多くのことをしました。

私はサイバーセキュリティの専門家でもあり、インターネット上のビルに関するネガティブな報道を一掃するアルゴリズムを使って彼の仲間を助けました。

陰謀論的なものではなく、ビルに悪いイメージを与えるような実際の写真やビデオのことです。

そのようなものがインターネット上に出回ると、すぐに消去されてしまうのです。

ビルは、ワクチンに関する告発を気にしていませんでした。たとえ100%真実であっても、アメリカのほとんどの人がデタラメだと思っているからです。

私の仕事は、何としても彼のパブリックイメージを維持することであり、私はそのために素晴らしい仕事をしました。

だからこそ、軍が彼の牧場を襲撃し、アルゴリズムを実行しているサーバーを見つけてシャットダウンするまで、彼とエプスタイン、あるいは彼と愛人の写真がインターネット上に出回ることはなかったのです」とシャープは語りました。

 

シャープは、アドレノクロムを投与されたばかりの過激なゲイツが、タイからアメリカに輸入した13歳の少女を殴り殺した事件を紹介しました。

シャープは、ゲイツの下で働いていた数年間に、同じような事件をいくつか「浄化」したと言いました。

 

「ゲイツが子供を売買していたという個人的な知識はありますか?」ハンニンク副提督が尋ねた。

「あります。実際、ニューヨーク・ニュージャージー港に輸送用コンテナが到着したとき、私は2回ほど立ち会いました。

それぞれのコンテナには十数人の少年少女がいました。

サインするマニフェストはなかった。

ビルはそれを確認していた。

彼は大金を払って、このことを水面下で黙っていたんだ。」とシャープは言います。

 

さらに、ゲイツとの関係を証明するために、給与明細を提示しました。

2枚にはゲイツのサインがあり、他の1枚には「Microsoft Corporation」のスタンプが押されていました。

10枚の半券はそれぞれ、スティーブン・シャープに365,000ドル(約3650万円)で支払われていました。

 

ハニンク副提督はこの証人を退けた後、ZOOMを使ってゲイツの元妻、メリンダ・アン・フレンチを証言台に呼び戻しました。

 

「フレンチさん、あなたは最後の証人の証言を聞いていましたね。

いくつか質問があります。あなたは被告人の前でスティーブン・シャープを目撃したことがありますか?」ハニンク副提督が尋ねました。

「ありました 」と彼女は答えました。「そして、彼はビルのために、自分が言った通りのことをしてくれました」とメリンダは言いました。

 

「そして、この法廷に嘘をつく理由はないのですか?」

「私の嘘の人生は終わりました。」とメリンダは言いました。「あの社会不適合者と彼の策略からようやく解放されたことを嬉しく思います。」

 

ハニンク副提督は、翌日9月1日水曜日の朝まで法廷を休廷とし、ゲイツと大手製薬会社との癒着に焦点を当てることから始めると述べました。


-この狂った世界を人々が望む世界へ

© 2021 やまざとオヤジの桃源郷