この狂った世界を人々が望む世界へ

2021年, 10月 27日,水曜日 : ヴィガノ大司教からゴメス大司教への公開書簡


 

カルロ・マリア・ヴィガノ大司教(80歳)は、アメリカの司教たちに公開書簡を送り、コロナウイルスに関する様々な問題や、ウイルスに対する予防接種について懸念を表明しています。

元記事↓

https://www.zerohedge.com/covid-19/archbishop-vigano-writes-stunning-letter-vaccine-program

 

※ここから記事内大司教の主張の和訳です。↓

 

前駐米バチカン公使(2011年~2016年)の中心的な懸念は、様々なワクチンのテストがまだ完了しておらず、多くの場合2023年または2024年まで完了しないということです。

ワクチン接種後9ヶ月を経過した時点で、すでにワクチンに対する否定的な反応が多数報告されていることから、ヴィガノ氏は、ジョセフ・バイデン米大統領(リンク)が発表した、近い将来に5歳から11歳までの2800万人のアメリカ人児童にワクチンを接種するという計画について、自分や他の司教たちが懸念すべきだと述べています。

このような子供たちは、統計的にはコロナウイルスによる危険性はほとんどないが、未検査のワクチンによって何らかの悪影響を受ける可能性があるため、ヴィガノ氏は、このような幼い子供たちに対する大規模なワクチン接種計画は、検査が完了するまで延期する方が賢明であると主張しています。

この計画を実行し続けることは犯罪であるとビガノ氏は主張します。

 

この手紙には、大司教が自分の主張を裏付けると信じている、主要メディアではほとんど注目されていない科学論文の脚注が多く含まれています。

「しかし、主の群れの羊飼いとして、私たちには行われている恐ろしい犯罪を糾弾する義務があります」と。

ここにあるのは、昨日10月26日にヴィガノが私に送ってきたときの文章ですが、文章の日付は4日前の10月23日です。

 

閣下へ


ホセ・オラシオ・ゴメズ氏


ロサンゼルスメトロポリタン大司教


米国カトリック司教協議会会長猊下と閣下へ アメリカ合衆国の各教区の大司教および司教の皆様。

そして、その力量に対して 猊下へ ルイス・フランシスコ・ラダリア・フェレール枢機卿(s.j. 信仰の教義のための会衆の総長尊敬する人へ ゲルハルト・ルートヴィヒ・ミュラー枢機卿 信仰の教義のための会の名誉会長

2021年10月23日

 

猊下方。

 

閣下方。

 

アメリカ合衆国カトリック司教協議会の会長であるゴメス大司教と、あなたの権限であるラダリア枢機卿とミュラー枢機卿に、いわゆるCovid-19に対するワクチンに関する重大な検討事項を申し上げます。

この評価は、教会のマジテリウムに準拠し、これらの薬の製造者やメディアによって広められた偏った情報や誤ったニュースに影響されることなく、合議制の姿勢につながるべきだと思います。

 

1. 信仰の教義のための修道会のノートの主題

 

一部の抗Covid-19ワクチンを使用することの道徳性に関するノートは、遺伝子血清の性質とその成分の両方に関する完全なデータがない中で、昨年発行されました。

このノートの主題は、「自然流産しなかった2人の胎児から得られた組織に由来する細胞株から開発されたCovid-19に対するワクチンを使用することの道徳的側面」に限定されており、「倫理的に関連性があり必要ではあるが、これらのワクチンの安全性と有効性を判断するつもりはありません。

「安全性と有効性は、このようにノートの対象ではなく、「使用の道徳性」についての意見を表明しているため、これらの医薬品の「製造の道徳性」についての意見も表明していません。

 

2. ワクチンの安全性と有効性

 

個々のワクチンの安全性と有効性は、通常数年にわたる実験期間を経て決定されます。

今回、保健当局は、科学界の常識、国際基準、各国の法律に反して、全世界の人口を対象に実験を行うことを決定しました。

これは、通常、実験は自発的に行われ、お金を払って限られた被験者を対象に行われるのに、全国民が自己責任でワクチンの副作用を受けやすい状態にあることを意味します。

 

また、WHO、CDC、EMAなどの医療機関や主流メディアから組織的にボイコットされているにもかかわらず、副作用のない治療法があることも明らかだと思います。

たとえ教会が、ワクチンのように中絶された胎児に由来する細胞株で作られた薬を使って行われる様々な治療法に対して道徳的な評価を表明したとしても、患者を治癒させ、ワクチンではできない恒久的な自然免疫防御を可能にする効果的な治療法があることを繰り返し述べなければなりません。

さらに、使用されている薬は何十年も前から認可されているものなので、これらの治療法は深刻な副作用を引き起こすことはありません。

 

最近開発された他の治療法は、絶対的な効果があり、安価で、それを受ける人には何の危険もありません。

これは、イタリアの医師ジュゼッペ・デ・ドンノが研究し、採用して大成功を収めた血漿治療の場合であります。

高免疫性血漿を使った治療は、製薬会社や製薬会社から資金提供を受けている医師からは強く反対され、ボイコットされていました。

 

国際基準では、効果的な代替治療法がない場合を除き、実験薬の配布を許可してはならないと定められています。

アメリカやヨーロッパの製薬会社が、ヒドロキシクロロキン、イベルメクチン、高免疫血漿など、効果が証明されている治療法の使用を妨げているのはこのためです。

これらの機関は、WHOとともに、ほとんどすべてが製薬会社や製薬会社に関連した財団から資金提供を受けており、最高レベルでは非常に重大な利益相反が存在していることは、メディアが故意に沈黙していることを思い出すまでもありません。

ワクチンの道徳的評価を表明する際、教会はこれらの要素を考慮しないわけにはいきません。

 

3. 実験薬は本来の意味でのワクチンではない

 

信仰の教義のための会衆は、いわゆるワクチンの有効性と安全性について意見を表明していないにもかかわらず、それらを「ワクチン」と定義し、実際に免疫を与え、能動的および受動的な伝染から人々を守ることを当然のこととしています。

この要素は、世界のすべての保健当局やWHOの宣言によって否定されており、それによると、ワクチンを接種した人は、ワクチンを接種していない人よりも感染したり、他の人に深刻な影響を与えたりする可能性があり、その免疫防御機能は完全に破壊されないまでも大幅に低下することがわかっています。

 

したがって、「ワクチン」と呼ばれる医薬品は、CDFの注釈が参照していると思われる公式のワクチンの定義には該当しません。

実際には、「ワクチン」とは、特定の感染症(ウイルス、細菌、原虫)に対する特異的な抵抗力を付与するために、生物による保護抗体の産生を誘導することを目的とした医薬品と定義されています。

この定義は、WHOによって最近変更されました。

そうでなければ、保護抗体の産生を誘導せず、SarsCoV-2感染症に対する特異的耐性を付与しない抗コヴィド薬を含めることができなかったからです。

 

さらに、mRNA血清は遺伝子レベルでの意味合いを持つため危険ですが、アストラゼネカ社の血清は最近の研究で示されているように、さらに有害である可能性があります。

 

4. ワクチンのコストとベネフィットの比例関係

 

信仰の教義のための会は、ワクチンの使用の道徳性の評価のみに限定し、遺伝子血清の推定される利益と短期および長期の副作用との間の比例関係を考慮していません。

 

世界的に見て、ワクチン接種後の死亡者数や重篤な病態の発生数は指数関数的に増加しています。

たった9ヶ月で、これらのワクチンは過去30年間のすべてのワクチンよりも多くの死亡者を出しています。

それだけではなく、例えばイスラエルなどの多くの国では、ワクチン接種後の死亡者数がコヴィドによる死亡者数よりも多くなっています。

 

ワクチンとして販売されている薬剤は、大きな利益をもたらさず、それどころか、コヴィドが脅威とならない対象者であっても、非常に高い割合で死亡や重篤な病態を引き起こす可能性があることを立証した上で、潜在的な損害と潜在的な利益との間に何らかの比例関係があると結論付けることはできないと思います。

 

つまり、後遺症や死亡の可能性のある近因として、接種を拒否する重大な道徳的義務があるということです。

メリットがない以上、その投与のリスクに身をさらす必要はなく、逆に断固として拒否する義務があるのです。

 

5. 堕胎した胎児の細胞株の存在に関する新しいデータ

 

mRNA遺伝子の血清には、オリジナルのワクチンを製造するためだけでなく、その複製や膨大な規模での製造のために、堕胎した胎児の材料が含まれていることを示す、ファイザー幹部の暴露が最近発表されましたし、他の製薬会社が例外であることを示唆するものは何もありません。

ジョセフ・ストリックランド司教もこの点について表明しており、信者に「ノーと言ってください」と呼びかけています。

あなたが義務づけたからといって、それをするつもりはありません。

その中で、次にどんなおかしなことが出てくるかは誰にもわかりません。

このことは、孤児を実験に使う薬を使うことが不道徳で受け入れられないのと同様に、これらの薬の使用を絶対に不道徳なものにしています。

 

6. 妊産婦・授乳婦への副作用

 

アメリカではワクチンを接種した母親が675件の流産を経験し、イギリスでは521人の授乳中の乳児が死亡しています。

いわゆるコヴィドに対するワクチンでは、積極的な警戒が行われず、患者自身が副作用を報告するという受動的な警戒しか行われていないことを忘れてはなりません。

 

7. ワクチンの成分

 

世界の人口を対象とした実験が終了するのは2023年から2025年の間であり、新たに採用された技術が遺伝子レベルでどのような影響を及ぼすのかは不明であるため、その他の重要な要素とその長期的な影響を完全に評価することはまだできません。

投与された量の中にグラフェンが含まれていたことが、その内容を分析した多くの研究所によって報告されていることから、いわゆるワクチンの強制使用は、効果が証明されている既存の治療法の組織的なボイコットとともに、世界中のワクチン接種を受けたすべての人間を接触追跡する目的を持っていることがわかります。

この情報が一部の陰謀論者の空想の産物ではないことを証明するものとして、欧州連合が技術革新を目的とした2つのプロジェクトをコンペの勝者に選んだことを知っておくべきでしょう。

"人間の脳 "と "グラフェン "です。

この2つのプロジェクトには、今後10年間でそれぞれ10億ユーロの資金が提供されることになっています。

 

私は、ゴメス大司教閣下が、2021年11月15日から18日までボルチモアで開催された本会議に集まった米国司教協議会の兄弟たちとともに、私のこれらの見解(私は高資格のカトリック医師たちに徹底的に検証するように注意しました)を真剣に考慮して、いわゆるワクチンに関する米国のカトリック教会の公式見解が改訂され、更新されることを信じています。

同様に、猊下のラダリア枢機卿には、ある種の抗コビド-19ワクチンの道徳性に関する信仰教義のための会のノートの改訂をできるだけ早く進めるようお願いします。

 

しかし、主の群れの羊飼いとして、私たちには、世界経済フォーラムのクラウス・シュワブ会長が提唱し、世界中の機関や組織に支持されている「グレート・リセット」という地獄のようなイデオロギーに基づいて、何十億人もの慢性疾患患者を生み出し、何百万人もの人々を絶滅させることを目的とした恐ろしい犯罪が行われていることを糾弾する義務があります。

 

多くの枢機卿や司教が沈黙していることや、聖座がワクチン接種キャンペーンを考えられないほど推進していることは、これ以上続けられない前例のない共犯関係を表しています。

このスキャンダル、人類に対する犯罪、神に対する悪魔的な行為を糾弾する必要があります。

 

日を追うごとに、何千人もの人々が、いわゆるワクチンがパンデミックの緊急事態に対する解決策を保証するという幻想によって、死亡したり、健康を害したりしています。

カトリック教会は、神と全人類の前で、この途方もない恐ろしい犯罪を徹底的に糾弾し、明確な指示を与え、製薬会社とグローバリスト・エリートの利益に従順な疑似科学の名の下に、死を意図するだけの人々に立ち向かう義務があります。

自らを「カトリック教徒」と定義するジョー・バイデンが、5歳から11歳までの2800万人の子どもたちにワクチン接種を強要することは、彼らがSARS-CoV-2感染症を発症する危険性が実質的にゼロであるという事実さえあれば、まったく考えられません。

聖座と司教協議会は、この点と、実験的な遺伝子血清を接種された子どもたちに生じる可能性のある非常に深刻な副作用に関連して、断固たる非難を表明する義務があるのです。

 

同様に、宗教上の免除を促進し、多くの修道会が司祭に課している禁止措置を直ちに撤回することを目的とした米国司教協議会の介入が必要です。

同様に、セミナー参加者や宗教団体の候補者に対する予防接種の義務もすべて取り消されなければなりません。

その代わりに、ワクチンの投与に伴う危険性とその重大な道徳的意味合いについて明確な指示を出すべきです。

 

このテーマの特別な重大性、福音の教えに啓発され、それに忠実な介入の緊急性、そして教会の牧師たちが推進し、守らなければならない魂の救済について、皆さんが検討したいと思うことは間違いありません。

キリストと共に

 

  • +カルロ・マリア・ビガノ大司教
  • 前駐米使節団長


-この狂った世界を人々が望む世界へ

© 2022 やまざとオヤジの桃源郷