この狂った世界を人々が望む世界へ

ファイザー社のワクチンで心臓発作を起こした18歳:「COVIDの方がまだ良かった」と語る


 ザ・ディフェンダーより。

by メーガン・レッドショウ

Exclusive: Teen Who Had Heart Attack After Pfizer Vaccine: ‘I’d Rather Have COVID’

アメリカの18歳のイザヤ・ハリスとその父親は、The Defenderザ・ディフェンダーのインタビューで、イザヤがファイザー社のワクチンの2回目の投与を受けた後、48時間以内に入院しなければならず、その後、心臓発作を起こしたことを説明しました。

ファイザー社のCOVIDワクチンの2回目の投与を受けた後に心臓発作を起こしたアーカンソー州スプリングデールの18歳の若者は、心臓発作を起こすくらいならCOVIDに感染した方がましだと言いました

 

イザヤ・ハリス氏は、ディフェンダー誌のインタビューで、4月8日にファイザー社の1回目の投与を受け、4月30日に2回目の投与を受けたと語っています。

2回目の投与から12時間以内に、ティーンは発熱と悪寒を覚えました。父親のジャスティン・ハリスさんは、症状は深刻ではなかったものの、モデナワクチンを2回接種した後に体調を崩したため、当初はあまり気にしていませんでした。

 

しかし、イザヤの場合はそうではありませんでした。

2回目の接種から48時間以内に、イザヤの心臓は「とてもとても」痛み始め、事態は急速に悪化していったのです

ハリスさんによると、息子が呼吸困難に陥ったとき、彼らは本当に心配になったそうです。

「病院に連れて行ったのですが、真剣に診てもらえませんでした」とハリスさん。

私たちは待合室で2時間以上待ち、その後6時間も廊下に放置されました。

病院で待っている間に事態は悪化した。その時、彼は心臓発作を起こし、片方の肺に水が溜まってしまったのです」。

 

ハリスによると、COVIDの制限によりイザヤと一緒に廊下に出ることを許された唯一の人物である妻が、息子が心臓発作を起こしていることをスタッフに何度も伝え、部屋に入れて心電図を走らせて初めて、イザヤは心臓発作を起こしたのだという。

イザヤの心電図は異常で、数値は悪化の一途をたどっていました。

ある時点では、イザヤの心臓の80%が炎症を起こし、40%しか機能していませんでした

トロポニン値が非常に高く、医師は心臓発作を起こしていると判断しました。

 

「医者はワクチンのせいではないと言い続けていました」とハリスさん。

「医者はワクチンのせいではないと否定し続けました。

しかし、ある看護師が、ワクチンが心筋炎を引き起こす可能性があるという研究結果を持ってきたのです。」

心筋炎は心筋の炎症で、不整脈や死に至ることもあります。

National Organization for Rare Disordersの研究者によると、心筋炎は感染症から生じることもありますが、"より一般的な心筋炎は、最初の心臓の損傷に対する身体の免疫反応の結果である "とのことです。

イザヤは「急性心筋炎」で4日間入院したとハリスは言います。

18歳のイザヤ君

The・Defenderより画像を引用

「医師は、心臓を麻痺させる薬を投与し、6ヵ月間の安静を求めていました。

その時、アーカンソー州の外科医に連絡を取り、病院が何もしなかったので、VAERSのリンクを教えてもらいました。

VAERSとは、米国疾病管理予防センターの「ワクチン副反応報告システム」のことです。

ハリスは、CDCが「この件を受け流している」「この件を徹底的に調査していない」ことに悩んでいるという。

 

長い療養生活に直面し、ワクチンを接種したことを後悔するイザヤさん。

イザヤは、クリーブランド・クリニックにコネのある親友の紹介で、心臓専門医でクリーブランド・クリニックの心膜センター長であるアラン・クライン医師の診察を受けることになりました。

「クリーブランド大学の医師は心筋炎の研究をしています。 彼は個人的に100人のワクチンによる心筋炎の患者を見てきましたし、77人の患者が出たばかりの頃には初期の研究をしていました」とハリスは言います。

 

高校3年生でコミュニティ・カレッジを卒業したイザヤは、今の状態は以前より良くなっているが、まだ少し痛みがあるという。

「腫れは治まりました。腫れはひいてきました」とイザヤは言います。

「以前は毎日のように持ち上げていましたが、3ヶ月から6ヶ月の間は体を動かすことができません。できることといえば、犬の散歩くらいです。 心拍数を上げれば再発して、また心臓発作を起こす可能性があるからね。」

イザヤは、心臓発作を起こす前には何の持病もなかったという。

「私はかなり健康でした。 積極的に活動しています。 フットボールもやっていました。 ウイルスや心筋炎の病歴もありません。」

 

他の10代の若者にワクチンを勧めるかどうかという質問に対して、イザヤは「私は反ワクチンではありませんが、誰もがこのワクチンを受けるべきではないと思います。カナダでも誰かと話していたのですが、10代の若者には1回の接種に引き下げられていて、それでも問題があるそうです」。

イザヤの父親はこう言いました。 「正直に言います。以前はアンチワクチン派は違うと思っていましたし、妻はすでにワクチンを受けないと決めていました。他の2人の息子たちは、ワクチンを受けるという選択肢があったのですが、彼らは受けませんでした。イザヤは社会性を重視してワクチンを受けることにしましたが、今では私は完全に反対しています。」

医師は、イザヤにはブースターを接種することはできないと言い、彼にはワクチンは必要ないとしています。

 

ハリスさんは、モデルナの注射を受けたとしても、ワクチンには全面的に反対だと言います。

なぜなら、ワクチンは高齢者にも心筋炎を引き起こすからです

あまりにも危険で、研究も十分ではないとのことです

 

「イザヤはCOVIDワクチンを接種して健康になっていたほうが、心臓に生涯にわたる問題を抱える可能性がある上に、今後3〜6ヶ月の間に無理をすればまた心臓発作を起こす可能性があるのですから。イザヤの外見は普通に見えますが、数値や心臓のスキャンを見ると、炎症が起きていることがわかります。つまり、本当の意味での心筋炎なのです」とハリスさんは言う。

ハリスさんは、自分は正しいことをしていると思っていたのに、圧倒的な罪悪感にさいなまれていると言います。  

彼はこう言いました。

「親としての気持ちとしては、2つの側面があったと思うんです。 妻はイザヤに予防接種を受けさせたくなかったのですが、父親としては、イザヤはとても社交的で、UAMSの薬学部への入学を控えているので、安全に過ごさせたかったのです。 共和党や民主党の大統領であっても、政府がこうすべきだと言っているのを聞いて、私は躊躇しました。迷いはありましたが、モデルナで大丈夫でした。

しかし、イザヤが自分で選択したにもかかわらず、私がイザヤのために予約を取り、ワクチン接種を勧めたことに圧倒的な罪悪感を感じています。私は彼がワクチンを接種するのを手伝ったのです。

親として一歩下がって、自分や他人を教育する手助けをする必要があるのではないでしょうか。だからこそ、私たちは最終的に彼のストーリーを共有し、人々を教育したのです。」  

 

イザヤは、 「バイデン大統領が最近の声明で、ワクチンを接種しないと結局代償を払うことになるとか、マスクをしなければならなくなるとか言っていたと思うけど、心臓発作よりもCovidの方がいいよ」 と言っていました。    

 

VAERSの最新データによると、2020年12月14日から2021年6月11日までの間に、COVIDの接種後に心筋炎や心膜炎(心臓の炎症)が全年齢層で1,117例報告されています

報告された1,117例のうち、686例がファイザー社、391例がモデルナ社、36例がジョンソン・エンド・ジョンソン社のCOVIDワクチンに起因するものでした

 


-この狂った世界を人々が望む世界へ

© 2021 やまざとオヤジの桃源郷