この狂った世界を人々が望む世界へ

2021年9月2日 ビル・ゲイツの軍事法廷、 第四日目


2021年9月2日 ビル・ゲイツの軍事法廷、 第四日目

 

※Real Raw Newsさんの記事をDeeple翻訳ソフトにて翻訳した記事です。翻訳間違い等あればご指摘いただけるとありがたいです。

※画像はReal Raw Newsさんより引用

 

先週の水曜日に行われた第3日目の結論として、米軍は、ゲイツまたは彼の代理の人々が、少なくとも250人の無防備な人々に、ゆっくりと臓器を侵食し、最終的には死に至るように設計された実験的なインフルエンザ・ワクチンを注射したことを証明する証拠があると主張しました。

ゲイツの弁護士であるデビッド・バルアルテは、クライアントと個人的に話をするために裁判の続行を要求しました。

 

9月2日木曜日の朝に裁判が再開されると、バルアルテ弁護士は、独立した法医学の病理学者を雇って死体を掘り起こして調べてもらうために、被害者とされる250人全員の死体を提出するように米海軍法務官軍団に要求しました。

 

「でも、そんなことは出来ないでしょう、ハニンク副提督?なぜ出来ないか分かりますか ? その人たちは存在しませんし注射も行われていません。

あなたはこの男を起訴しようとしています。彼が友人としたロールプレイングゲームに基づいて。 それ以上でもそれ以下でもありません。

彼らは病的でしたか?- そうです 犯罪ですか? - いいえ。この法廷は偽物だ。」とバルアルテは言いました。

 

しかし、ハニンク副提督は、バルアルテの挑戦に備えているようでした。

 

「ビル・ゲイツは傲慢でナルシストだ。」とハニンク副提督は告発者を指差して言いました。

「掘り出すべき遺体があったとしても、20年も経てば大したものは見つからないだろう。

しかし、ビルは墓の掘り起こしが出来ないようにした。

遺体はすべて火葬され、中には遺族の遺志を無視したケースもあった。

 

ゲイツ財団は、2001年8月にシアトル・タイムズ紙に掲載した広告を裁判所に提出しました。

 

この広告では、[革命的な]インフルエンザ・ワクチンを受けるボランティアを募集していました。このワクチンは、5年間有効で、人体と自動的に相互作用して、まだ知られていない季節性インフルエンザに対抗することができるといいます。

参加者は65〜75歳で、心臓病や糖尿病などの慢性疾患を持たない人に限られていました。

 

また、この薬を受け取る人は、一連の秘密保持契約と、ゲイツ財団、マイクロソフト社、そしてこの薬が投与されたハーバービュー医療センターの[生命の損失]を免責する権利放棄書に署名しなければならなかったのです。

さらに、ゲイツ財団のパートナーであるカイロン社 ( ワクチン、血液検査、感染症やがんに対するバイオ医薬が得意分野の米国企業 ) は、ワクチンを受け取ったことによるいかなる不利益も与えないことになってました。

 

バルアルテは、軍がそのコピーをどこから入手したのか、そしてさらに重要なことに、その真実性を確認するためのコピーをどこから入手できるのか、と質問しました。

バルアルテは、軍が彼のクライアントを嫌っているという理由だけで、軍事委員会事務局がフォトショップで広告を描いた可能性があると述べました。

拘留中のビル・ゲイツは、デジタルデータを消去するのが得意です。

当時のインターネットは非常に初歩的なものでしたが、彼はデジタル記録が破壊されたり削除されたりするのを問題なく確認しました。

 

「検察にとって幸運なことに、『シアトル・タイムズ』紙はまだマイクロフィッシュに印刷された紙面をバックアップしていました。」とハニンク副提督が言うと、小さな金属製のキャニスターを取り出しました。

「ハーバービューからは、253人の受取人のリストと、ゲイツのサインが入った書類も入手しました。」

 

バルアルテは、JAGが気まぐれに3人の死亡者を新たに作り出したと主張して反論しました。

「250人と言ったな?今度は253人?どっちなんだ?」バルアルテは吠えました。

 

ハニンク副提督は、それに対してゲイツワクチンで奇跡的に生き残った参加者が3人追加されたが、そのうち2人は数年後に亡くなったという驚くべき事実を明かしました。

「驚くべきことに、1人はまだ生きていて、現在91歳だそうです。彼女の話を聞くべきだと思います。」とハニンク副提督はパネルの審議員に向かって語りました。

 

ZOOMを使って、「レシピエント ( 患者 ) 163」と名乗る女性、メアリー・ジョンソンがスクリーンに登場し、その風化した顔にかすかな笑みを浮かべました。

彼女は一語一語を大切にしながら、ゆっくりと話しました。

 

「2001年8月24日、医師に広告を見せて勧められ、注射を受けました。

インフルエンザが流行する時期だったので、病気になりたくなかったのです。

また、私は針恐怖症なので、5年分の注射が打てると聞いて、とても嬉しくなりました。

リーフレットには、この注射は安全で効果的であり、軽い副作用があるだけだと書かれていました(腕の痛み、短い寒気、軽い発熱など)。

ビル・ゲイツ財団とカイロン社がスポンサーになっていることを知り、1年後までは何も考えずにいました。」

 

12ヶ月後、ジョンソンさんは壊滅的な臓器不全に陥りました。

まず、腎臓が皮質壊死を起こし、二度の移植が必要となりました。

その後、原因不明の肝臓の硬化が起こりましたが、彼女はそのような症状を引き起こすことが知られている酒や薬を全く飲んでいませんでした。

その1ヶ月後には急性虫垂炎になり、虫垂を切除し、さらにその1ヶ月後には胆嚢を切除しました。

その3ヵ月後には、1ヵ月の間に2度の心臓発作に見舞われ、1年後には視神経が溶けて視力が15%以下になってしまったのです。

 

ジョンソンさんの主治医は「不可解な全身性の連鎖的臓器不全」と言ったが、ジョンソンさんはゲイツ社のワクチンが彼女の健康状態を急速に悪化させたと主張しました。

 

「私は若くはありませんでしたが、健康状態も悪くなく、今も生きているのは奇跡です。肝移植を受けた後、病院で電話がかかってきて、相手はビル・ゲイツだと言って、私の様子を聞いてきたんです。

私はモルヒネを打っていたので何を言っているのかわかりませんでしたが、「ああ、ハイ、ビル、私のことを心配してくれて嬉しいよ」というようなことを言いました。そして彼は、私が契約書にサインしたことを忘れるな、守らなければならない契約だと言って、電話を切ったのです。」とジョンソンさんは法廷で語ったのです。

「臓器が液化することを知っていたら、あんなことはしなかった」と、彼女は言葉の合間に大きく息をつきました。

 

ジョンソンさんの証言を受けて、ハニンク副提督は法廷を週末明けまで休廷とし、9月7日(火)に再開することにしました。


-この狂った世界を人々が望む世界へ

© 2021 やまざとオヤジの桃源郷