この狂った世界を人々が望む世界へ

ビル・ゲイツの軍事法廷は、ゲイツの仮病によって2021年8月31日へ延期


邪悪なゲイツ

ビル・ゲイツの軍事法廷は、ゲイツの仮病によって2021年8月31日へ延期

 

※Real Raw Newsさんの記事をDeeple翻訳ソフトにて翻訳した記事です。翻訳間違い等あればご指摘いただけるとありがたいです。

※画像はReal Raw Newsさんより引用

 

マイクロソフト社の創業者であるビル・ゲイツが8月24日に行った病気と狂気の芝居を見て、長らく延期されていたビル・ゲイツの軍事法廷が8月31日(火)に再開されることになりました。

 

この日の審理が始まる直前、ゲイツ氏は軍事委員会事務局に対し、衝撃的な発言をしました。

ゲイツ氏は、コヴィド-19の予防接種を受けておらず、グアンタナモ湾の他の収容者からウイルスをもらったと考えていると述べたのです。

 

ゲイツはグアンタナモの南側の法廷に、まるで肺活量を削るような声で入ってきました。

弁護士のデビッド・バルアルテは、依頼人は「瀕死の重症」であり、ゲイツの病気は軍事委員会事務局と米海軍法務官軍団の責任であり、グアンタナモでコヴィド-19に対する適切な保護を受けていなかったと述べました。

しかし、軍はゲイツとバルアルテの誠実さを疑い、ゲイツが実際に病気であるかどうかを判断するために、既知のあらゆるコヴィド-19検査を行いました。

その結果、すべての検査が陰性であったのです。

 

2人の海軍医師がゲイツの健康診断を行い、ハニンク副提督は8月31日火曜日に法廷を再開すると述べました。

ゲイツの姑息な裁判逃れの画策は、いとも簡単に潰えたのです。


-この狂った世界を人々が望む世界へ

© 2021 やまざとオヤジの桃源郷