この狂った世界を人々が望む世界へ

JAGはビル・ゲイツの軍事法廷を予定しています


JAG ( judge Advocate General=軍法会議にかける事件を調査・起訴・弁護する軍隊の法務団体の略 ) はビル・ゲイツの軍事法廷を予定しています

 

※Real Raw Newsさんの記事をDeeple翻訳ソフトにて翻訳した記事です。翻訳間違い等あればご指摘いただけるとありがたいです。

※画像はReal Raw Newsさんより引用

 

マイクロソフト社の創業者であるビル・ゲイツ氏は、小児性愛者として有罪判決を受けたジェフリー・エプスタイン氏とともに児童売買組織を運営していたことから、一見無害に見える予防接種に、人間の大脳を侵食する化学物質や合成ナノ粒子を混入させる計画を立てたことまで、さまざまな罪を問われることになります。

 

既報の通り、7月27日、米海兵隊はサウスカロライナ州マートルビーチに密かに所有していた物件でゲイツを逮捕しました。

その2日後、ゲイツはグアンタナモ・ベイに移送され、尋問を受け、法廷にかけられることになりました。

 

軍のディープ・ステート粛清に関わる関係者がReal Raw Newsに語ったところによると、ゲイツは当初、非協力的で寡黙であり、"トランプの腐敗した軍事政権 "が投げかけた質問には答えなかったといいます。

 

「ゲイツが知らないうちに、軍は必要な証拠をすべて手に入れていました。

ゲイツが独房に入っている間に、軍は全国のゲイツ所有の十数カ所の施設を同時に急襲し、コンピュータ、ラップトップ、書類などありとあらゆるものを押収しました。

その中には『世界を支配する方法』というプロジェクトに関する3000ページのメモも含まれていました。

まるで『ピンキー&ブレイン』の漫画 ( スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮を担当するテレビアニメ )

のような内容ですが、JAGは正当な内容だと考えています。

要するに、ワクチン産業を乗っ取って、予防接種を受けた人を殺すか、頭の悪い奴隷にする化合物で汚染するという内容です。」

と情報源は語っています。

 

偶然にも、ゲイツはワクチン業界に身を置き、メルク ( ドイツ・ダルムシュタットを本拠とする化学品・医薬品メーカー ) 、ファイザー、モデルナ、ジョンソン・エンド・ジョンソン、ロシュ( スイスのバーゼルに本拠を置く創立125周年を迎える世界有数のバイオテックカンパニー ) 、ノバルティス ( スイス・バーゼルに本拠地を置く、国際的な製薬・バイオテクノロジー企業 ) 、グラクソ・スミスクライン ( イギリス・ロンドンに本社を置く世界有数の規模を持つグローバル製薬企業 ) といった大手製薬会社の株式を大量に保有していました。

製薬業界に莫大な資金を投入し、その投資で巨額の利益を得ていたのです。

 

JAGがゲイツに「世界を支配する方法」について質問したところ、マイクロソフト社の第一人者であるゲイツは、この文書は、マイクロソフト社が設立されて間もない1975年に元パートナーのポール・アレンとともに最初に考えたビデオゲームのテンプレートに過ぎないと主張しました。

ゲイツによれば、ゲームのアイデアは当時の時間的制約と技術的限界のために棚上げしたが、退屈を解消するためにアウトライン化を続けたといいます。

 

ゲイツは、自分は慈善家であり人道主義者であり、他人への暴力は自分の善良な性質と正反対であるため、人を傷つけたことはないと語りました。

 

5月17日にワイオミング州のゲイツの牧場を急襲した際に軍が押収したSDカードの映像をJAGが彼に突きつけると、ゲイツは自分の富を自慢し始め、軍の調査官に「釈放と引き換えに彼らを大金持ちにしてやる」と言ったといいます。

 

そして、ゲイツは現実を突きつけられました。

JAGと軍事委員会事務局が彼の財産を「充当」し、国内外の資産を凍結したことを知らされたのです。

「その時、ゲイツは弁護士を要求した後、再び黙り込んでしまった」と関係者は語っています。

 

最後に関係者は、ゲイツの元妻メリンダを含む少なくとも6人の証人が、8月23日にゲイツに不利な証言をする予定であると付け加えました。


-この狂った世界を人々が望む世界へ

© 2021 やまざとオヤジの桃源郷