この狂った世界を人々が望む世界へ

イタリア、カルロ・マリア・ヴィガノ大司教からドナルド・トランプ大統領への公開書簡


一年以上前に一人の大司教からトランプ大統領へ宛てられた重要な手紙。

バチカン市国内は全てが悪の温床ではなく、まともな司教さんもいらっしゃる事が解ります。

 

英文記事元↓

https://summit.news/2020/11/10/archbishop-writes-open-letter-to-trump-warning-of-covid-health-dictatorship/

 

※ここから記事内の書簡の和訳です。↓

 

編集部注:カトリックファミリーニュースは、執筆者であるカルロ・マリア・ビガノ大司教の依頼により、以下の「ドナルド・トランプ大統領への公開書簡」の配布をお手伝いさせていただくことになりました。

今回の公開書簡では、閣下が6月に発表した最初の公開書簡で取り上げたテーマ(善と悪の永遠の対立など)を再考するとともに、「グレート・リセット」構想、ビル・ゲイツと「予防接種プログラム」、「新世界秩序の確立」、聖書に記載されている「不義の謎」(2テサロニケ2:7)、「差し迫った選挙の画期的な重要性」などのテーマを取り上げています。

ヴィガノ大司教は、トランプ大統領に「あなたのため、ファーストレディのため、そして協力者のため」の祈りを保証し、トランプ大統領にエールを送ります。

"使徒パウロの言葉「私を強くしてくださる方にあって、すべてのことができます」(フィル4:13)に力づけられて、主に信頼を置いてください。"

 

公開書簡

ドナルド・J・トランプ、 アメリカ合衆国大統領へ

2020年10月25日(日)
王であるキリストの荘厳日

 

大統領閣下。

 

神と人類に対する世界的な陰謀によって、全世界の運命が脅かされているこの時に、皆様にご挨拶させていただきます。

私は、大司教として、使徒の後継者として、そして前駐米使徒大使として、皆様に手紙を書きます。

私は、市民と宗教の両方の当局が沈黙している中で、あなたに手紙を書いています。

この私の言葉を、「砂漠で叫ぶ者の声」(ヨハネの福音書1章23節)として受け入れてくださいますように。

 

6月に皆さんへの手紙を書いたときにも言いましたが、この歴史的瞬間には、悪の勢力が善の勢力に対して四分五裂の戦いをしています。

強大で組織化されているように見える悪の勢力は、時の指導者や霊的指導者に見捨てられて混乱している光の子どもたちに対抗しています。

 

自然な家族、人命の尊重、祖国への愛、教育やビジネスの自由など、社会の根幹を破壊しようとする者たちの攻撃が日々増えているのを感じます。

各国の首脳や宗教指導者が、西洋文化やキリスト教の魂の自殺に迎合しているのを目にします。

一方で、市民や信者の基本的な権利は、健康上の緊急事態の名の下に否定されていますが、これは非人間的な顔のない専制政治の確立に役立っていることがますます明らかになってきています。

 

「グレート・リセット」と呼ばれる地球規模の計画が進行中です。

その立役者は、全人類を服従させようとするグローバルエリートであり、個人の自由や国民全体の自由を大幅に制限する強制的な手段を課しています。

この計画は、いくつかの国ではすでに承認され、資金が投入されていますが、他の国ではまだ初期段階にあります。

この地獄のような計画の共犯者であり実行者である世界の指導者たちの背後には、世界経済フォーラムやイベント201に資金を提供し、彼らのアジェンダを推進する不謹慎な人物たちがいます。

 

グレートリセットの目的は、普遍的な所得を確保し、個人の負債を帳消しにするという魅力的な約束の裏に隠された、自由破壊的な手段を導入することを目的とした健康独裁政権の敷設です。

国際通貨基金からの譲歩の代償として、私有財産を放棄し、ビル・ゲイツが主要な製薬グループの協力を得て推進するCovid-19とCovid-21に対するワクチン接種プログラムを遵守することになります。

グレートリセットの推進者を動かしている巨大な経済的利益に加えて、ワクチン接種の実施には、健康パスポートとデジタルIDが必要となり、その結果、全世界の人々の連絡先が追跡されることになります。

これらの措置を受け入れない者は、収容所や軟禁状態に置かれ、すべての資産が没収されることになります。

 

大統領閣下、今年の年末から2021年の第1四半期にかけて、一部の国でグレート・リセットが発動されることは、すでにご承知のことと思います。

そのために、パンデミックの第2波、第3波を想定した更なるロックダウンが計画されており、公式に正当化されることになります。

パニックを引き起こし、個人の自由に対する強硬な制限を正当化し、世界的な経済危機を巧みに誘発するための手段が展開されていることを、皆さんはよくご存知でしょう。

立案者の意図では、この危機は、各国がグレート・リセットに頼ることを不可逆的なものとし、彼らがその存在と記憶を完全に消し去りたいと考えている世界に最後の一撃を与えることになります。

しかし、大統領閣下、この世界には、人々、愛情、制度、信仰、文化、伝統、理想などが含まれています。

これらの人々や価値観は、機械のように行動せず、機械のように従わないものです。

なぜなら、彼らには魂と心が備わっており、精神的な絆で結ばれているからです。

 

よく知られているように、多くの人々は、善と悪の衝突に言及し、「黙示録的」なニュアンスを使用することに腹を立てていますが、彼らによれば、それは精神を苛立たせ、分裂を鋭くするものです。

敵が、自分が征服しようとしている城塞に無事到着したと思った矢先に発見されて怒るのは当然のことです。

しかし、驚くべきことは、警鐘を鳴らす者がいないことです。

自分の計画を非難する人々に対するディープステートの反応は、壊れていて支離滅裂だが、理解できます。

主流メディアの共謀により、新世界秩序への移行をほとんど苦もなく、気づかれずに済ませることに成功した矢先、あらゆる種類の欺瞞、スキャンダル、犯罪が明るみに出ているのです。

 

数ヶ月前までは、これらの恐ろしい計画を非難する人々を「陰謀論者」として中傷することは簡単でしたが、今では細部に至るまで実行されています。

昨年の2月までは、すべての都市で、市民が道を歩きたい、息をしたい、商売を続けたい、日曜日に教会に行きたいという理由だけで逮捕されるとは、誰も考えていませんでした。

多くのアメリカ人が、古代のモニュメントや教会、魅力的な都市や特徴的な村を持つ、小さな魅惑的な国だと思っている絵葉書のようなイタリアでさえ、今では世界中で起こっているのです。

政治家たちが宮殿に閉じこもってペルシャの将軍のように命令を下している間にも、ビジネスは失敗し、店は閉店し、人々は生活、旅行、仕事、祈りを妨げられているのです。

この作戦の悲惨な心理的影響は、自暴自棄になった企業家の自殺に始まり、友人やクラスメートから隔離され、家で一人コンピュータの前に座って授業を受けるように言われた子供たちの自殺に至るまで、すでに見られています。

 

聖典の中で、聖パウロは、不正の謎であるカテコンの顕現に「反対する者」について語っています(2テサ2:6-7)。

宗教的な分野では、この悪に反対する者は教会、特にローマ法王庁であり、政治的な分野では、新世界秩序の確立を妨害する者です。

 

今や明らかなように、ペテロの椅子に座る者は、その役割を最初から裏切り、グローバリズムのイデオロギーを擁護・促進し、自分を選んだ深層教会のアジェンダを支持しているのです。

 

大統領閣下は、今日否定され、戦わされている国家-神の下の一つの国、基本的な自由、譲れない価値-を守りたいと明確に述べておられます。

闇の子たちの最後の攻撃であるディープステートに「反対する者」は、大統領であるあなたなのです。

 

このため、すべての善意の人々が、差し迫った選挙の画期的な重要性を説得する必要があります。

それは、このような政治的プログラムのためではなく、この特定の歴史的文脈において、彼らがロックダウンの手段によって取り消したいと考えているあの世界、私たちの世界を最もよく体現しているあなたの行動の一般的なインスピレーションのためなのです。

あなたの敵は私たちの敵でもあります。

それは人類の敵であり、「初めから人を殺す者」(ヨハネによる福音書8章44節)である者です。

 

あなたの周りには、あなたを世界の独裁者に対する最後の砦と考えている人々が、信仰と勇気を持って集まっています。

もうひとつの選択肢は、ディープステートに操られ、スキャンダルや汚職で重大な妥協をしている人物に投票することです。

この人物は、ホルヘ・マリオ・ベルゴリオが教会に、コンテ首相がイタリアに、マクロン大統領がフランスに、サンチェス首相がスペインに、というように、アメリカにも同じことをするでしょう。

ジョー・バイデンの脅迫性は、バチカンの「魔法陣」の高位聖職者のそれと同様に、不正に利用されることを露呈し、非合法な権力者が国内政治と国際的なバランスの両方に干渉することを可能にします。

彼を操る人々は、彼よりも悪い人物をすでに用意しており、機会があればすぐに彼に取って代わろうとしているのは明らかであります。

 

しかし、この荒涼とした絵の中、「見えない敵」の一見止められない前進の中に、希望の要素が浮かび上がってきます。

敵は愛することを知らず、大衆を服従させ、家畜のように烙印を押させるためには、普遍的な所得を保証したり、住宅ローンをキャンセルしたりするだけでは不十分であることを理解していません。

あまりにも長い間、憎しみに満ちた専制的な権力の乱用に耐えてきたこの人々は、自分たちに魂があることを再発見しています。

自分たちの自由を、自分たちのアイデンティティの均質化や抹消と引き換えにすることはできないことを理解しています。

このグレート・リセットは失敗する運命にあります。

なぜなら、この計画を立てた人たちは、自分の子供や孫のことを理解していないからです。

グローバリストのプロジェクトの水平な非人間性は、光の子供たちの断固とした勇気ある反対に直面して、惨めに砕け散るでしょう。

敵の側には、憎むことしか知らないサタンがいます。

しかし、私たちの側には、戦いのために配列された軍の神である全能の主と、古代の蛇の頭を打ち砕く至聖なる聖母がいます。

"もし神が私たちのためにおられるなら、だれが私たちに逆らうことができようか" (ローマ8:31)と言われています。

 

大統領閣下は、この重要な時期に、グローバリズムの擁護者たちが宣言した戦争を防ぐ壁として、米国が考えられていることをよくご存知です。

「私を強くしてくださる方にあって、すべてのことができます」(フィル4:13)という使徒パウロの言葉に力づけられて、主に信頼を置いてください。

神の摂理の道具となることは大きな責任を伴いますが、そのために必要なすべての国の恵みを必ず受けることができます。

なぜなら、あなたを祈りで支える多くの人々があなたのために熱心に願っているからです。

 

この天からの希望と、あなたやファーストレディ、そしてあなたの協力者のための私の祈りの保証をもって、心を込めてあなたに祝福を送ります。

アメリカに神の祝福がありますように

  • カルロ・マリア・ビガノ

Tit. ウルピアナ大司教
前駐米使節団長


-この狂った世界を人々が望む世界へ

© 2022 やまざとオヤジの桃源郷