この狂った世界を人々が望む世界へ

オーストラリアの救急隊員からダニエル・アンドリュース首相への手紙


ページ 1

メルボルン, ビクトリア州

オーストラリア 3002

2021年10月22日(金

 

親愛なる首相殿

 

言うまでもなく、この2年間はオーストラリア人全員にとって困難で厳しいものでした。

世界中で起きているように、オーストラリアでも直面している困難を乗り越えるために、私たちは最善を尽くしてきました。

困難を克服することは、常に私たちの文化とオージー・スピリットに根付いています。

 

困難を克服することは、常に私たちの文化とオージー・スピリットに根付いています。山火事の後に起きた6回のロックダウンを乗り越えることは、ほとんどの人の決意を試す以上のものでした。

 

私は、かつて偉大だったこの国での生活を理解し、乗り越えるために奮闘しているビクトリア州の一市民として、非常に心配し、恐怖を感じながらこの文章を書いています。

 

すべての労働者に予防接種を義務付けるという最近の命令は、論理的にも常識的にもありえません。

あなたはオーストラリア人の権利を奪っています。社会に参加して生計を立てるために働くか、必ずしも信頼できない薬を注射されるかの選択を迫られているのです。

 

あなたを信頼して選挙で選んだ何百万人ものオーストラリア人に、このような人権を無視した行為を押し付ける権利があるのでしょうか?

私たちの選択の自由がこのような形で侵害され、奪われてしまったことを、私は理解することができません。

あなたもCHO ( 最高人事責任者 ) も私たちの医師ではなく、あなたの役割ではありません。

したがって、あなたには私たちの医療の自由をこのように侵害する権利はありません。

これは脅迫に似ており、自分の意志を「自分の」市民に押し付けようとするいじめっ子の行動です。

 

ワクチン接種がコヴィドから地域社会を守るための重要な手段であることは間違いありません。

コヴィドは、最も弱い立場にある人々(高齢者や持病を持つ人々)に重大な脅威をもたらすことが証明されているため、これらの人々を守るためには特に有効な手段となります。

 

しかし、オーストラリアより先にワクチンプログラムを開始した国々(アメリカ、イギリス、イスラエルなど)で証明されているように、ワクチンはコヴィドへの感染や他の人への感染を防ぐものではありません。

しかし、病気の重症度を軽減することはできます。これは、最も弱い立場にある人々にとって特に重要なことです。

 

65歳以下でコヴィドに感染した場合の生存率は99%以上と言われていますが、首相にお聞きしたいのですが、なぜ私たちにワクチンを受けるかどうかを選択する基本的人権を否定するのでしょうか?

特に、最初に宣伝されていたように、必ずしも私たちや私たちのコミュニティを感染から守るものではないことがわかっているのに。

特に、最初に宣伝されていたように、私たちや地域社会を感染から守るとは限らないことがわかっているのに、なぜ追跡して治療するということが考慮されないのでしょうか?

 

2020年末にワクチンが発売されて以来、世界中で行われている研究をご存知ですか?

それとも、ワクチンの話に惑わされて、これらの情報を考慮していないのでしょうか?

ページ 2

 

私たちは皆、この情報を見て、自分にとって正しいと思うことを自分で決断する権利と責任があります。

これ以上に神聖なことがあるでしょうか?

考えてみてください。

すべてのワクチンは、短期的な安全性のデータは限られており、長期的な安全性のデータはありません。

ファイザー社とモデルナ社はmRNAベースのワクチンです。

ファイザー社とモデナル社はmRNAベースのワクチンを使用しています。

 

・コビドワクチンの副反応に関するVAERSの数値です。

VAERSは、米国で製造されたワクチンのワクチンイベント報告システムです。

21年10月1日現在。

- 副作用の件数:778,685件

- 生死に関わるもの:17,618件

- 入院件数:75,605件

- 死亡者数:16,310人

- ワクチン接種後の後遺障害数:23,712人

- ワクチン接種後の先天性障害の数:528

(COVID-19ワクチンに関連した死亡者数は、1990年以降の他のすべてのワクチンに関連した死亡者数を上回っていることがVAERSのウェブサイトに記載されています。)

 

EudraVigilanceによるcovidワクチンの副反応に関する数値。

EudraVigilanceは、欧州連合27カ国の報告システムです。

EUに加盟していない他の23カ国は含まれていません。

21年10月9日現在。

- 報告件数:2,563,768件

- 死亡が報告された症例数:27,247例

 

・TGA(オーストラリアのDAEN-有害事象通知データベース)は、オーストラリアで導入されたコビドワクチンの副反応を集計しています。

21年10月7日現在

- 報告数:66,114件

- 疑いのある医薬品が1つだけの症例数:65,093件

- 死亡が報告された症例数:566例

 

・「有害事象は世界中で十分に報告されていないことが一般的に認識されており、有害事象の90〜95%は規制当局に報告されていないと推定されている」とのことです。

これはTGAのウェブサイトからの引用です。
このアドバイスにより、実際にはオーストラリアだけで約661,000件の有害事象が発生していると推定することができます。

 

・TGAは「毎年17,000件以上の医薬品やワクチンに関する有害事象の報告を受けている」とあります。

繰り返しますが、これはTGAのウェブサイトから直接引用しています。

このアドバイスによると、典型的な(コヴィド以前の)年には、ワクチンと医薬品を合わせて平均17,000件の報告があるということです。

2021年の約8ヶ月間で、ワクチンに限って言えば、49,102件、388%の増加となっています。

2021年全体を予測すると、99,153件の報告があり、583%の増加となります。

 

・モデルナワクチンは、スウェーデン、デンマーク、フィンランドなどの国では、最近、接種が中止されています。

米国では、心筋炎(心臓の炎症)が急増したため、FDA ( アメリカ食品医薬局 ) が青年期の承認を中止したこともあります。

しかし、オーストラリアのTGAは、この薬をオーストラリアの子供たちに承認しました。

これは絶対に信じられないことです。

ページ 3

 

事実に基づく上記の情報は、自由で合理的な人が予防接種を受けるかどうかを自分で判断するのに十分なはずです。

個人は、日常的に攻撃され、脅迫され、操作されるのを嫌って、自分自身の利益とリスクを評価する権利を持たなければなりません。

私たちは皆、このデータを見て、十分な情報を得た上で判断する権利があります。

このような人間としての基本的な権利がいつから議論の対象になったのでしょうか?

 

首相にお聞きしますが、なぜこのような情報が一般の人々にもっと簡単に提供されないのでしょうか?

 

私たちが耳にするのは、「ワクチンを打て、打て、打て」という言葉ばかりです。

 

・なぜ医療従事者はAHPRA ( Australian Health Practitioner Regulation Agency の略称看護師を含むオーストラリアの医療従事者登録・審査機関 ) に拘束されており、報復を恐れて一般市民にこれらの情報を提供できないのでしょうか?

・私たちには、このような薬の基本的な詳細を、美辞麗句なしに知る権利があるのではないでしょうか。

・首相自身が親であるならば、少なくともこれらの調査結果を検討し、自分の家族にとって何が最善であるかを決定するために、上記の内容を考慮する必要があるのではないでしょうか?

・この決定が自分から奪われることに同意しますか?

・12歳の子供がこのような薬について自分でインフォームド・コンセント ( 「説明を受け納得したうえでの同意」という意味。医師が病気や容態、つまり患者さんの体の中でどのようなことが起こっているかということや、検査、治療の内容、処方される薬について十分な説明をし、患者さんは内容をよく理解し、納得した上で同意して治療を受けるということ ) を行うことを、あなた(あるいはどの政府も)はどう考えているのでしょうか?

・幼い子供にもワクチン接種を義務付けるつもりですか?

・それとも、親が拒否した場合には、社会や学校から排除するつもりですか?

 

あなたの役割の一部がビクトリア市民の保護であることは理解していますが、この19ヶ月間にあなたが取得し、拡大した緊急権限により、この任務は保護をはるかに超えており、実際には権力の著しい誤用であり、ビクトリアは独裁国家または警察国家のように感じられます。

 

首相は、いわゆる「集団免疫」のための望ましいワクチン接種率70%をすでに達成しています。

その後、80%に修正されました。

ワクチンを接種しないことを選択した人たちにはまだ自由が与えられていないのに、今度は90%を期待しています。

ワクチンが効率を失い、すでにブースターが喧伝され、人々がワクチン接種の時期を「行ったり来たり」し、重要なワクチン接種率が流動的になっている中で、常に変化する目標を達成するために、さらなる脅しや強制を期待できるでしょうか?

遵守するために、さらに自由を奪われることになるのでしょうか?

 

わずか2年足らずでこのような状況になってしまった私たちに、さらに何が要求されるのか考えると怖くなります。

ビクトリア州がこのようなワクチン接種数を達成したのは、医療上の選択肢が奪われ、代わりに強制と脅しに基づいて決定されたことが一因であるという事実は隠せません。

「ロックダウンを終わらせるにはこれしかない」という強要。

ワクチンがコヴィドに対する唯一の解決策であるという強制(イベルメクチンやヒドロキシクロロキンなど、インドのウタール・プラデシュ州を例に挙げて)。

 

今、私たちは、ワクチンパスポートと絶え間ないブースターショットによる「ワクチン経済」の計画について聞いています。

それはどこまで続くのでしょうか?

あなたは、社会に生じている影響や分裂に気づかず、盲目的かつ無知にこの軌道に沿って進んでいくつもりですか?

ワクチンの副作用に関する事実上のデータや情報にいつ目を向けるのでしょうか?

ビクトリア州の第一線で働く人々が、この副作用への対応について自らの経験を語ってくれています。

 

ビクトリア州では現在、健康危機に対応するため、海外から1000人の看護師を追加雇用しています(帰国したオーストラリア人もいます)。

これは、何千人もの看護師が、自分の目で見たことに基づいて、ワクチンの摂取を拒否しているからではないでしょうか?

その結果、看護師の数が足りなくなり、あなたが作ったもののおかげで、今は仕事がないのです。

ビクトリア州では現在、オーストラリア防衛隊、SESボランティア、コミュニティ・オフィサーなどが救急車に乗り込み、健康危機に対応しています。

これと同じ状況で、多くの救急隊員が自分の目で見たことに基づいてワクチンの摂取を拒否しているのではないでしょうか?

今では、救急車に乗る救急隊員は2人ではなく1人になっています。

繰り返しになりますが、この義務化によって何百人もの救急隊員や消防士が職を失っています。

 

ページ 4

 

警察、教師、建設作業員など、あらゆる分野の労働者が、これらの予備薬について自分で判断したいという理由で、職を失っています。

連邦政府の職員(裁判官、弁護士、警備員を含む)は、大惨事を生き延びたため、これらの義務から免除されています。

しかし、このダブルスタンダードはどうなのでしょうか?

( ※ダブルスタンダード、ここでは、労働者がワクチン接種義務に反対して職を失い、反対に政府職員はワクチン接種義務から免除されていることへの言葉 )

 

首相は、希望と楽観主義の模範となる代わりに、私たちは、公式には世界で最もロックダウンされた都市であり、今では最も極端で不法な命令を受けている運命の神殿にいることに気づきました。

あなたの全人格は、恐怖を植え付けることです。

この恐怖心は、約2年間、あなた自身や様々なチャンネルによって利用されてきましたが、ビクトリア州の人々はリーダーからもっと良いものを受け取るべきです。

 

その結果、私たちはスピリット社会の形成を目の当たりにしています。

ここでは、選択の自由を維持したいと願うコミュニティのメンバーが、仲間はずれにされ、嘲笑され、二流の市民のように感じられています。

あなた方が記者会見でこれらの人々について何を言おうと、またどのような観点から紹介しようと、これらの人々は普通のオーストラリア人の日常生活者なのです。

昨年のヒーローである医師、看護師、消防士、警察官、教師の多くは、社会に参加することも、自分の選んだ職業に就くこともできません。

頭に銃を突きつけられているような生活をしているのは、なんという不名誉なことでしょう。

 

何年も何十年も職業に就いて一生懸命に働き、勉強してきたものが、不可解にも奪われていくのを目の当たりにします。

そして、崩壊した分断された社会が残され、次は何をするのだろうかと考えます。

これがフェア・ゴー ( =オーストラリアならではの考え方。誰でも平等に何かを得る、成功する機会が与えられているという考え方 ) であり、オージー・スピリットの一部なのでしょうか?

 

ビクトリアのいわゆる「自由の日」にこの文章を書いているのは、いささか皮肉なことです。

実際には、何も真実から離れていません。

あなたが見事に表現したように、「監禁」から「ロックアウト」に変わることに自由はありません。

社会の特定のメンバーは、他のメンバーからロックアウトされています。

自由の日?

これはオーストラリア人にとって恥ずべき日です。

 

市民権をめぐる新たな戦いが、ここビクトリアの目の前で展開されています。

問題は、首相がこのような馬鹿げた義務を課して、それを煽り続けるのかということです。

ウイルスだけでは決してできない方法で、ビクトリアの人々を分裂させ続けるつもりですか?

それとも、この独裁的なアプローチをやめて、我々が帰れない地点に到達する前に、我々を癒し、再統合する手助けをしてくれるのでしょうか?

 

あなたの次の行動は歴史が判断するでしょう。

私たちのためにも、それが正しいものであることを願っています。

 

ありがとうございました。

 

パケナム, VIC


-この狂った世界を人々が望む世界へ

© 2021 やまざとオヤジの桃源郷