この狂った世界を人々が望む世界へ

2021年7月27日、米軍がビル・ゲイツを逮捕


邪悪なゲイツ

米軍がビル・ゲイツを逮捕

※Real Raw Newsさんの記事をDeeple翻訳ソフトにて翻訳した記事です。翻訳間違い等あればご指摘いただけるとありがたいです。

※画像はReal Raw Newsさんより引用

米軍は火曜日、マイクロソフト社の創業者であるビル・ゲイツを逮捕し、この社会的に不適合な人物を、児童売買をはじめとするアメリカとその国民に対する言いようのない罪で告発しました。

米海軍法務顧問団の関係者がReal Raw Newsに語ったところによると、軍は何ヶ月もかけてゲイツを探していたが、つかみどころのない億万長者は、その富とディープステートの人脈を利用して捕まるのを逃れ、どうにか軍の捜索の一歩先を行っていたという。

しかし、7月27日(火)、ゲイツは口を滑らせ、米海兵隊はサウスカロライナ州マートルビーチに彼が密かに所有していた物件で彼を逮捕することができました。

ゲイツの容疑は多岐にわたっています。

ゲイツは、コビッド19ワクチンの緊急承認をFDA ( Food and Drug Administration=アメリカ食品医薬品局の略称で、食品などを取り締まるアメリカ合衆国の政府機関。日本の厚生労働省に似た役割を持つ。) に強要したとされていますが、その際には、この危険性のある医薬品のカクテルが摂取者を危険にさらすだけでなく、人間のDNAを破壊する可能性があることを知っていました。

JAG ( judge Advocate General=軍法会議にかける事件を調査・起訴・弁護する軍隊の法務団体の略 ) は、マイクロソフト社とスウェーデンのバイオテック企業であるバイオハックス・インターナショナル社が製造した合成ナノ粒子がワクチンに含まれているかどうかも調査しています。

軍部は、ゲイツがワクチンの販売で多額の利益を得ようとしていたと主張しています。

JAGの文書によると、ゲイツはこれまでワクチンへの出資を否定してきたが、ファイザー社、モデルナ社、ジョンソン・エンド・ジョンソン社のワクチンの共同販売で少なくとも100億ドルを得ていたといいます。

JAGはゲイツ氏に対し、薬を投与されてから72時間以内に死亡した7,000人のアメリカ市民の死の責任の一端を追及しています。

さらに、軍はゲイツを、有罪判決を受けた小児性愛者ジェフリー・エプスタインとともに運営していた児童売買組織の首謀者として告発しています。

Real Raw Newsが5月20日に報じたように、JAG権限で活動する米海軍特殊部隊は、ワイオミング州北西部にあるゲイツ氏の492エーカーの牧場を襲撃し、奴隷として売られる前の子供たちが一時的に収容されていた地下壕を発見しました。

現場で回収されたSDカードには、パジャマ姿の少女がベッドに手錠をかけられ、母親を求めて泣き叫ぶ姿が映っていました。

カメラには映っていませんが、マニアックなゲイツが「新しいママとパパを喜ばせるために、ハイヒールやランジェリーを着なさい」と子どもを励ます声が聞こえてきました。

この証拠とゲイツ氏のワクチン詐欺の事実から、軍はこの社会的には不器用だが冷酷で危険なオタクを世界規模で捜索することになりました。

関係者がReal Raw Newsに語ったところによると、ゲイツ氏の逮捕には妻のメリンダが重要な役割を果たしたといいます。

「当初、彼女は全面的な協力に消極的でした。

なぜなら、自分が関与したことが知られると、離婚調停で得ようとしている財産(そのほとんどが支払われていません)が危うくなると考えたからです。

しかし、JAGは、彼女が児童売買の事実を知っていたことを証明する証拠を入手し、協力しなければビルと一緒に起訴されることを伝えました。

ビルは、彼女だけが解読できる暗号化されたメールを彼女に送りつけていたことがわかりました。

彼は仲直りしたかったのです。

軍はそれを利用したのです」

と関係者は語ります。

メリンダはようやく彼に返事をして、会うことに同意したといいます。

彼女はビルに時間と場所を指定するように言いました。

それに対してビル・ゲイツは、マートルビーチに所有していた家を提案しました。

軍は、ゲイツが所有していると思われるすべての物件を監視していましたが、マートルビーチの家は、ゲイツが偽名で購入していたため、軍の目に留まらなかったのです。

ゲイツが現れたときには、海兵隊が待ち構えていたといいます。

ゲイツは身柄を拘束され、グアンタナモ湾への移送を待って、現在は不明の場所に拘留されているといいます。


-この狂った世界を人々が望む世界へ

© 2021 やまざとオヤジの桃源郷