この狂った世界を人々が望む世界へ

2021年5月17日、ゲイツの米ワイオミングの牧場にネイビー・シールズが突入


ネイビー・シールズ、ビル・ゲイツを急襲

ゲイツの米ワイオミングの牧場にネイビー・シールズが突入

 

※Real Raw Newsさんの記事をDeeple翻訳ソフトにて翻訳した記事です。翻訳間違い等あればご指摘いただけるとありがたいです。

※画像はReal Raw Newsさんより引用

 

ビル・ゲイツとメリンダ・ゲイツが別れを切り出してから2週間も経たないうちに、米海軍特殊部隊がワイオミング州北西部にあるゲイツの所有地に突入し、ゲイツが492エーカーの牧場を守るために雇った警備隊と衝突しました。

 

ゲイツの別居中の妻メリンダが、ドナルド・J・トランプに、彼女がサイコパスで邪悪な天才と呼ぶビルが1997年から2017年の間にエプスタイン島を24回訪れ、エプスタインの助言を受けて、3,600万ドル ( 約36億円 ) を投じてイルマ・レイク・ロッジ ( =イエローストーン国立公園内に在るゲイツ所有の牧場 ) の地下に自分の地下「子供用ダンジョン」を掘削したというニュースを連絡した後、米軍はこの襲撃を承認しました。

 

トランプ氏のディープステート戦争に関わる機密情報源がReal Raw Newsに語ったところによると、ゲイツが有罪判決を受けた小児性愛者と友情を深めたことが、ビルとメリンダの離婚のきっかけになったといいます。

メリンダは、ビルが成人女性と未成年女性の両方に女遊びをしていることを長い間知っていたが、結婚生活における自分の経済的利益を守るために沈黙を守っていました。

 

彼女は、ビルとエプスタインが週末に頻繁にイルマ・レイク・ロッジに出かけることをトランプに話したと言われています。

メリンダは、「彼は、私を未成年のおびえた女子高生のふりをして、彼を若い女の子と遊ぶのが好きなマニアックな天才のふりをするように言いました」と語りました。

「彼にとってはロールプレイでしたが、実際にはそうではありませんでした。なぜなら、彼はまさに自分を偽っていたからです」。

 

5月14日、トランプ大統領は統合参謀本部に語りかけ、米軍に地下の複合施設とされる場所の存在を確認するよう求めました。

そのために米軍は2つの手法を用いました。

まず、合成開口レーダー衛星がイルマ・レイク・ロッジをスキャン。

2つ目は、地中レーダーを搭載したUAVが高空を何度も通過することでです。

どちらの方法でも、地下牢の大きさや深さを具体的に把握することは出来ませんでしたが、メリンダ・ゲイツ氏が言っていたように、大規模な掘削が行われたことは証明されました。

 

「軍隊が行動を起こすには十分だった。子供たちがいるかどうかわからないので、ただ爆撃するのは避けたかった。そこで、バイデンの屋敷を急襲して子供たちを船から脱出させたのと同じSEALチームを派遣することにしたのです」と情報源は語ります。

 

5月17日の未明、ネイビー・シールズはイルマ・レイク・ロッジへの戦術的な攻撃を開始し、敷地内に侵入して地下の隠れ家に忍び込んだ直後に抵抗を受けました。

ゲイツの警備担当者は、パラ・ミリタリーウェアに身を包み、自動小銃で武装して侵入を察知し、シールズ隊員に発砲しました。

シールズは応戦しましたが、結果的には15分間の銃撃戦となり、シールズ1名と敵兵8名が命を落としました。

 

ゲイツの警備を抑えたシールズは、馬小屋の干し草の下にトラップドアを発見しました。

扉の先には、地下300フィート(約1.5メートル)の鉄製のプラットフォーム(エレベーター)があり、そこから直径150フィート(約1.5メートル)の切り立った部屋に入り、さらにそこから複数の方向にトンネルが伸びていました。

シールズは何時間もかけてトンネルの中に人の気配を探ったが、子供は見つからなかったといいます。

 

しかし、この作戦は無駄ではありませんでした。

ピンクのフレームのプラットフォームベッド、ぬいぐるみ、子供サイズの衣類のラックなど、少女の寝室を模したものが発見されたのです。

さらに、三脚に取り付けられた3台のデジタル一眼レフカメラは、ベッドに寝そべった人を撮影するために向けられていました。

少なくとも1台のカメラにはSDカードが残っていました。

 

情報源は、SEALSが施設を脱出する前にカメラを押収したと付け加えました。

 

最後に、情報源によると、ゲイツが所有する他の物件にも軍が潜入していると考えているが、確認はできていないといいます。


-この狂った世界を人々が望む世界へ

© 2021 やまざとオヤジの桃源郷