この狂った世界を人々が望む世界へ

ビル・ゲイツ、予定より早くグアンタナモで絞首刑に


金曜日の朝、殺人犯でマイクロソフト社の創業者であるビル・ゲイツは、キャンプ・デルタの独房に入ってきた米海兵隊員から、JAG ( judge Advocate General=軍法会議にかける事件を調査・起訴・弁護する軍隊の法務団体の略 ) が彼の死刑執行を10月5日から1日に変更したことを知らされ、驚きの目覚ましコールを受けました。

 

海兵隊員たちは、その理由を説明することなく、ゲイツに、死刑執行部隊が間もなく到着し、グアンタナモ刑務所の南端に新たに設置された絞首台に彼を案内すると告げました。

看守は「お前のために新しいのを作ったんだ」とゲイツをなじったといいます。

 

グアンタナモ関係者がReal Raw Newsに語ったところによると、ゲイツは最後の食事を拒否し、1時間後、太陽が地平線から顔を出した頃、ゲイツはグアンタナモの死刑囚を収容するために新しい絞首台が建設された場所に連れて行かれました。

手首に手錠をかけられたゲイツは、ハンビー(軍用車両↓)から出てきて、「約束を破った軍部を非難する !」と叫んだといいます。

「私にこんなことはできない。あと4日しかないんだ。あなたは私に嘘をついた! ここの責任者と話がしたい。要求する !」とゲイツは叫んだのです。

米海軍法務顧問団のダース・E・クランドール少将が率いる処刑部隊は、ゲイツに歓迎されないニュースを伝えました。

 

「投げやりにならず、男らしく出て行け」と、クランドール海軍少将は、ゲイツに言いました。

「判決の日付は暫定的なものであり、予告なしに変更される可能性がある。

あなたは1時間前に通知を受けた。

くだらないことを続けていれば、鎮静剤を投与してから絞首刑にする。

そんな方法で創造主に会いたいのか?」

 

以前のディープ・ステートの処刑とは異なり、民間人や政治家の使者は出席しておらず、軍の幹部が少人数で集まっていたと情報源は語っています。

 

ゲイツは壇上に誘導され、名札も階級も記章もない制服を着た兵士がゲイツの首に縄をかけて締め上げました。

海軍牧師が「ゲイツが来世で救いを得ることを願う」と言って最後の儀式を行ないました。

 

クランドール少将が、ゲイツに最後の言葉はあるかと尋ねました。

「私は無実です」とゲイツは言った。

「メリンダは嘘つきだ。私は善良な人間です。慈善活動をしていますし、常に法律を守ってきました。確かに、1975年には無免許運転、1977年にはスピード違反で逮捕されましたが、それらは死刑判決に値するものではありません...」

「最後に何か言いたいことはないかと尋ねました。小説を書けとは言っていない。」とクランドール少将は言いました。

 

クランドール少将はゲイツの横に立っている兵士に指示を出しました。

 

兵士がレバーを引くと、ゲイツの足元にあったトラップドアが開いた。

しかし、何かが間違っていました。

 

ゲイツの首はすぐには折れず、宙に浮いたまま、足をバタバタさせ、眼球は破裂するかのように膨らんでいたのです。

手錠をかけられた腕は、吊るされたロープを掴もうとしたが無駄でした。

クランドール少将の秘書がゲイツのロープを斬るべきかどうか尋ねましたが、少将は技術的な問題があっても刑を執行すると言って断わりました。

ゲイツは生きたまま4~5分ほどぶら下がっていましたが、絞殺されて死んでしまいました。

 

絞殺されたゲイツは、医師から「死んでいる」と言われ、絞首ロープから切断されました。

 

「ビル・ゲイツはもういない」と関係者は語ったのです。

 

Real Raw Newsは、南カリフォルニア大学の名誉教授であり、中世の処刑の専門家であるポール・クノール氏に連絡を取りました。

「絞首刑を成功させるのは簡単なことではありません。人の身長や体重、落下距離などの変数があり、それらを考慮して必要なロープの長さを決めるのです。これらの変数が正確に計算されていなければ、絞首刑は失敗し、被害者は非常に長く苦しい思いをすることになります。」とクノール教授は語っています。

 


-この狂った世界を人々が望む世界へ

© 2021 やまざとオヤジの桃源郷