この狂った世界を人々が望む世界へ

2021年9月9日 グアンタナモでビル・ゲイツが再審を拒否された


2021年9月9日 グアンタナモでビル・ゲイツが再審を拒否された

 

※Real Raw Newsさんの記事をDeeple翻訳ソフトにて翻訳した記事です。翻訳間違い等あればご指摘いただけるとありがたいです。

※画像はReal Raw Newsさんより引用

 

ビル・ゲイツは、米海軍法務官軍団から死刑判決を受け、刑の執行を待つために収容されているグアンタナモのキャンプ・デルタ拘置所で騒動を起こしていました。

 

米国で最も悪名高い収容所の情報筋がReal Raw Newsに語ったところによると、ゲイツは起きている間中、自分の迫害を非難し、弁護士のデビッド・バルアルテがゲイツの弁護を十分に行っていないという理由で再審を要求しているとのことです。

 

9月8日水曜日、軍事法廷は、5日間にわたる爆発的な証言の後、ゲイツに有罪判決を下しました。

 

どちらかといえば、バルアルテは、有罪判決を受けた他のディープステートの幹部を弁護した弁護士よりも厳格に戦ったが、ビル・ゲイツはバルアルテには失望したと語りました。

ゲイツは、有罪判決の翌日、グアンタナモ湾軍事審査会に出席しました。この審査会は、米海軍と海兵隊の将校からなる独立した組織で、被告人が法廷で適切な弁護を受けたかどうか、あるいは虐待を受けたかどうかを判断することを任務としているます。

 

ゲイツは、バルアルテが無能であり、重要な証拠や彼の有罪判決によって利益を得ようとする証人に異議を唱えなかったと主張しました。

具体的には、元妻のメリンダ・アン・フレンチは、共犯者にされたり、多額の離婚調停金を奪われたりする恐れがあるとして、自分に不利な証言をするよう強要されていたため、信頼できない証人であると主張したのです。

 

メリンダは宣誓の上、JAGと訴追免除の取引をしたことを認めました。

その取引は、彼女が正しいと誓った率直で正直な証言の代わりに、軍は彼女をゲイツの犯罪行為の共犯者として起訴しないというものでした。

しかし、彼女の証言は、他の目撃者の証言や、ゲイツのパソコンや電子機器から入手した文書やファイルによって裏付けられており、わずかな役割しか果たしていなかったのです。

 

審査委員会はゲイツ氏の申し立てを5日間かけて審査し、再審の理由はないと結論づけました。

 

「デビッド・バルアルテは、軍事委員会事務局に出頭するにあたり、他の被告人の弁護士よりも余裕を持って対応することができました。

彼は自分の能力を最大限に発揮してクライアントを弁護した。

法廷の決定は有効です。」とグアンタナモの代表者は語りました。

 

ゲイツは、2021年10月5日に死ぬまで首を吊るされる予定である。


-この狂った世界を人々が望む世界へ

© 2021 やまざとオヤジの桃源郷